土日祝相談対応

▲ メニューを閉じる ▲

内縁

内縁とは

内縁とは、婚姻届を提出していないため法律上の夫婦ではないが、男女双方が婚姻意思をもち夫婦として共同生活を営んでいる、事実上の夫婦関係をいいます。
内縁が成立すると、「準婚関係」として、婚姻に認められる法律上の効果が認められます。内縁関係の男女には、具体的には次のようなものについて、夫婦と同様に扱われます。

  • 同居協力扶助義務
  • 貞操義務
  • 婚姻費用の分担義務
  • 日常家事債務の連帯責任
  • 内縁解消に伴う財産分与請求

これに対して、婚姻の届出があることを前提とする法律上の効果は認められません。
次のようなものがこれにあたります。

  • 氏の変更
  • 未成年者の婚姻による成年擬制
  • 配偶者としての相続権

また、内縁の夫婦間の子は嫡出子とはならず、父親との間に父子関係が認められるためには、父の認知が必要とされています。

内縁の解消と、その際の法律関係

1 内縁の解消

内縁関係は、婚姻届の提出、当事者の一方の死亡、当事者双方の合意により解消します。
また、法律婚の場合とは異なり、当事者いずれかの一方的な意思表示若しくは行為によっても解消するとされています。

2 内縁解消の際に生じる法律関係

当事者の一方が、内縁関係を一方的に破棄した場合、他方は損害賠償請求をすることができます。
また、内縁解消が一方当事者の帰責事由(貞操義務、同居協力扶助義務、婚姻費用分担義務違反等)によって生じたときは、他方は生じた損害の賠償を請求できます。

まずは、法律相談のご予約をお入れ下さい。法律相談のあと、そのまま依頼しなければいけないという事はありません。お気軽にご相談にいらして下さい。

弁護士が直接お話を伺います。その上でお客さまにとって最善の解決策をご提案いたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

弁護士から解決策や費用などの具体的な提案があります。その上で依頼したいかどうか判断して下さい。もちろん、持ち帰ってお考え頂いて結構でございます。

委任契約後、弁護士は直ちに活動を開始します。その後は、こまめにお客様と連絡をとって進捗状況を報告し、お客様のご意見を伺いながら、案件の対応を進めていきます。

〒106-0032 東京都港区六本木7-3-13 トラスティ六本木ビル8階