土日祝相談対応

▲ メニューを閉じる ▲

刑事事件

被疑者段階

逮捕されている方へ、即日接見。

→御連絡を頂いた当日に、留置されている警察署等に赴きます。

担当刑事、検事との直接折衝

→担当警察官、検察官と面談の上、折衝し、早期の身柄釈放を目指します。

被害者の方との示談交渉

→早期釈放のため、また民事上の問題を解決するため、被害者の方と粘り強く交渉します。

刑事事件といえばニュースやドラマの中の話で、通常の生活の中では、全く無縁であるという方が殆どだと思います。
それだけに、ご自身のご家族が逮捕されてしまった場合、動揺しどのような行動をすればよいのか分からなくなり、また、逮捕されて留置施設に収容されてしまった方自身も、突然、連絡手段を奪われ孤立し、大きな不安を抱くこととなります。
当事務所では、ご依頼をお受けし次第、直ちに逮捕された方との接見(面会)を行い、事情を伺い、この方のおかれている状況や予想される展開などをご説明するとともに、早期身柄釈放のため、速やかに警察官、検察官との折衝を開始致します。

起訴後の弁護

徹底した証拠収集
保釈請求等、釈放に向けた弁護活動
粘り強い示談交渉

仮に起訴されてしまった場合でも、被告人とされた方が起訴事実を否認する場合(冤罪の場合)、目撃者の捜索、事情聴取等、徹底した証拠収集活動を行い、無罪判決を得るべく尽力致します。
また、起訴事実に誤りがない場合では、保釈等の手続により、改めて早期釈放に向けた弁護活動を行うほか、被害者との示談交渉等、十分な情状弁護を行います。

刑事事件メニュー

まずは、法律相談のご予約をお入れ下さい。法律相談のあと、そのまま依頼しなければいけないという事はありません。お気軽にご相談にいらして下さい。

弁護士が直接お話を伺います。その上でお客さまにとって最善の解決策をご提案いたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

弁護士から解決策や費用などの具体的な提案があります。その上で依頼したいかどうか判断して下さい。もちろん、持ち帰ってお考え頂いて結構でございます。

委任契約後、弁護士は直ちに活動を開始します。その後は、こまめにお客様と連絡をとって進捗状況を報告し、お客様のご意見を伺いながら、案件の対応を進めていきます。

〒106-0032 東京都港区六本木7-3-13 トラスティ六本木ビル8階