六本木の法律事務所 取扱業務 弁護士

六本木の弁護士 土日祝相談対応

渡邉アーク総合法律事務所 メニュー フリーダイヤルに電話する
  • 事務所・弁護士等紹介
  • 相談の流れ
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • よくある質問
  • 地図・アクセス
  • お問い合わせ
  • トップページ

▲ メニューを閉じる ▲

明渡について

契約解除による明渡

賃借人が、賃料不払いや用法義務違反など賃貸借契約の債務不履行にあたる行為をした場合、賃貸人は契約を解除し、賃貸物件の明渡を求めることができます。
しかし、賃貸借契約では、軽微な契約違反では解除ができず、当事者間の信頼関係を破壊する程度の債務不履行がなければ、契約解除できません。その背景には、契約が解除されると賃借人は生活の本拠を失うなど大きな不利益を被ることになるのでそれもやむを得ないといえるだけの重大な契約違反がある場合に限り、解除を認めようという考え方があります。

賃料不払いの場合は、一般的に1か月分の不払いでは解除できず、概ね3か月分以上の不払いがないと契約を有効に解除できないといわれます。もっとも、特に借地契約の場合は、契約上は翌月分月末払いとされていながら、数か月分ずつ後払いにしており、それが当事者間で暗黙の了解事項となっているような場合もあります。そのような場合は、3か月分の不払いがあっても直ちには解除できません。結局は、契約内容、実際の取扱い、両当事者の関係など、個別的な事情を考慮して、信頼関係破壊の有無を判断していくこととなります。

用法義務違反の場合も、義務違反の程度・事情などを検討して、未だ賃貸人と賃借人との間の信頼関係を破壊したと認められないときは、解除権の行使は認められないとされています。
例えば、楽器使用やペットの飼育が禁止されている場合でも、近隣の迷惑とならず、契約を継続するにあたり支障がないような事情があれば、賃借人がその約定に反しても、賃貸人は直ちに解除権を行使できません。もっとも、賃貸人による再三の改善要請にもかかわらず、賃借人がこれに応じないなどの事情があれば、解除できる可能性が出てきます。

契約期間満了と更新

1 法定更新

賃貸借契約の場合、契約期間が満了し、契約更新の手続きをとらなくても、それで契約が終了するわけではありません。
借地借家法の適用がある借地権、借家権の場合、借地権者が契約の更新を請求したときで、建物がある場合は、従前の契約と同一の条件で契約を更新したものとみなされることとなります。
賃貸人は、更新について異議を述べることができますが、いわゆる正当事由が備わっている場合でなければ、異議には効力が生じません(借地借家法5条、6条、28条)。
正当事由の有無は、賃借人が不動産の使用を必要とする事情のほか、不動産に関する従前の経過及び不動産の利用状況並びに賃借人が不動産の明渡の条件として又は不動産の明渡と引き換えに賃借人に対して財産上の給付をする旨の申し出をした場合におけるその申し出を考慮して決するとされています。

2 黙示の更新

借地借家法の適用がない賃貸借契約の場合でも、賃貸借の期間が満了した後、賃借人が賃貸物の使用収益を継続する場合において、賃貸人がこれを知りながら異議を述べないときは、従前の賃貸借と同一の条件で更新されたものと推定されます(「黙示の更新」、民法619条1項)。

法律相談の流れ

1. 法律相談の予約

フリーダイヤルに電話 メールする

まずは、法律相談のご予約をお入れ下さい。法律相談のあと、そのまま依頼しなければいけないという事はありません。お気軽にご相談にいらして下さい。

2. 弁護士と面談(法律相談)

弁護士と相談

弁護士が直接お話を伺います。その上でお客さまにとって最善の解決策をご提案いたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

3. 依頼したい場合

法律相談室

弁護士から解決策や費用などの具体的な提案があります。その上で依頼したいかどうか判断して下さい。もちろん、持ち帰ってお考え頂いて結構でございます。

4. 弁護士の活動開始

活動を始めた弁護士

委任契約後、弁護士は直ちに活動を開始します。その後は、こまめにお客様と連絡をとって進捗状況を報告し、お客様のご意見を伺いながら、案件の対応を進めていきます。

渡邉アーク総合法律事務所

〒106-0032 東京都港区六本木7-3-13 トラスティ六本木ビル8階