土日祝相談対応

▲ メニューを閉じる ▲

相続放棄

相続の承認と放棄

相続が発生した場合、相続人は、相続を承認するか(単純承認)、放棄するか(相続放棄)、あるいは、相続によって得た積極財産の限度においてのみ被相続人の債務を弁済すべきことの条件を付して承認するか(限定承認)を選ぶことができます。

相続が発生すると、財産のみならず負債も相続人が引き継ぐことになりますので、そのような結果が意に反するという場合、相続放棄か限定承認を選択して負債を免れる必要があります。

単純承認については、特に何かしなければならないということはありません。
これに対して、相続放棄と限定承認については、自分のために相続が発生したことを知ったときから3か月以内に、家庭裁判所に申述しなければなりません。

承諾・放棄の期間伸長の申立て

相続放棄、限定承認の期間制限である3か月間は、相続人が承認・放棄を判断するための「熟慮期間」であるとともに、相続財産、負債の調査期間でもあります。
しかし、被相続人の生前、私生活や事業等で密に連絡を取り合っていたような場合はともかく、一般的には、相続財産や負債の調査には相応の時間がかかります。
このような場合、家庭裁判所に対して、相続の承認・放棄の期間伸長の申立てをすることができます。

まずは、法律相談のご予約をお入れ下さい。法律相談のあと、そのまま依頼しなければいけないという事はありません。お気軽にご相談にいらして下さい。

弁護士が直接お話を伺います。その上でお客さまにとって最善の解決策をご提案いたします。相談のみで解決した場合はこれで終了となります。

弁護士から解決策や費用などの具体的な提案があります。その上で依頼したいかどうか判断して下さい。もちろん、持ち帰ってお考え頂いて結構でございます。

委任契約後、弁護士は直ちに活動を開始します。その後は、こまめにお客様と連絡をとって進捗状況を報告し、お客様のご意見を伺いながら、案件の対応を進めていきます。

〒106-0032 東京都港区六本木7-3-13 トラスティ六本木ビル8階